2011年5月23日 (月)

高円寺美容室 ヤマノHDが大幅高、「継続企業の前提に関する注記」の記載解消を好感

18日、ヤマノHD は、「平成23年3月期 決算短信[日本基準](連結)」において、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消したと発表した。これが好感され、大幅高となっている。

 12年3月期の業績については、消費意欲の減退や電力不足による節電対応などの懸念があるものの、直接的な震災の影響のない西日本を強化するとともに、美容事業における他社との差別化の打ち出しとして「山野式ヘッドスパ」の導入や、スポーツ事業における新コンセプトの売場展開などの取組みにより、連結売上高は236億8000万円(前期比8.8%減)、営業利益は3億5000万円(同84.2%増)、経常利益は2億8000万円(同81.8%増)、当期純利益は1億3000万円(前期は9200万円の損失)を見込んでいる。

 また、上記の営業利益計上や、同社与信の回復による支払条件の平準化により、営業キャッシュ・フローもさらなる改善が見込まれる。(編集担当:山田一)

日光宿泊 日光イン 浜岡原発 赤坂居酒屋 赤坂居酒屋 鉄なべ餃子 鉄なべ餃子 会津若松居酒屋 郡山居酒屋 仙台居酒屋 吉祥寺居酒屋 恵比寿居酒屋 宇都宮居酒屋 新宿居酒屋 町田居酒屋 いわき居酒屋 伊勢崎居酒屋 前橋居酒屋 高崎居酒屋 本庄居酒屋 横浜居酒屋 川崎居酒屋 厚木居酒屋 相模原居酒屋 関内居酒屋 藤沢居酒屋 平塚居酒屋 大和居酒屋 上野居酒屋 池袋居酒屋 中野居酒屋 自由が丘居酒屋 目黒居酒屋 下北沢居酒屋

2011年5月 8日 (日)

高円寺美容室 市民の自由裁量支出、4番目は「美容整形」―中国

2011年4月25日、法制晩報によると、経済成長著しい中国は、自転車から自動車、農村から都市などさまざまな変化が生じているが、美容整形の面でも大きく変化していると米メディアが伝えた。

中国はわずか10年で、一般市民の美容整形にかける金額が自由に使える収入に占める割合が住宅、自動車、観光に次いで4番目に多くなっている。また、国際美容外科学会の2010年の統計データで中国は米国に次ぐ世界で2番目の美容整形大国となっており、年間の美容整形手術数は数百万件にも上り、毎年倍増する勢いとなっている。

中国でも他の国々と同様に、顔の「しわ取り」や「たるみ伸ばし」が人気となっているが、鼻を高くする「隆鼻術」やまぶたを二重にする手術も年齢を問わず人気が高い。就職活動のために整形する大学生も少なくないという。

なお、美容整形手術件数トップ3は米国、中国、ブラジルで、4位以下はインド、メキシコ、日本、韓国、ドイツ、トルコ、スペイン。2010年の整形手術の内訳は、脂肪吸引(18.8%)、豊胸(17%)、まぶた整形(13.5%)、隆鼻(9.4%)、腹部整形(7.3%)、その他(34%)となっている。(翻訳・編集/岡田)


本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル おまとめローン 会津若松美容室 会津若松中古車 米通販 千歳烏山美容室 米通販 銀座美容室 おまとめローン 仙川美容室 会津若松賃貸住宅 郡山中古車

2011年4月18日 (月)

高円寺美容室 インドのヒ素対策推進:JICAと宮崎大学などが協力

宮崎大学とJICAは3月1日から、インドで新たな草の根技術協力事業「行政主導化をめざしたインド・ウッタルプラデシュ州における総合的ヒ素汚染対策実施事業」をスタートした。実施機関は2013年2月28日まで。この事業は08年から2年間実施した「インド・ウッタルプラデシュ州における地下水ヒ素汚染の総合的対策」のフェーズ II的位置づけ。バライチ県内の事業地ではBAMP(Bahraich Arsenic Mitigation Project)の名称で親しまれ、ガンジス川本流および支流流域の人々への安全な飲料水の確保、および現地医療機関と住民の共同による健康管理システムの構築に寄与してきた。

 新規事業では、対象範囲が前回のバライチ県内の2村の7集落から27集落に拡大、行政主導化を目指してウッタルプラデシュ州政府との連携を強化する。前回事業より対象地域は4倍になる。BAMPが最終的に目指すのは、人々が安全な水を飲めるようにすること。事業地を含め、ガンジス川流域では、地下水に溶け出したヒ素が、井戸やポンプでくみ上げられて農業や飲料水に使用され、体内に蓄積されたヒ素が及ぼす様々な健康被害が問題になっている。そこで前回の事業では、BAMPはヒ素濃度が高く、将来の健康被害が特に懸念される村に入り、井戸やポンプのヒ素濃度を調べ色分けした。水源が基準を超えたヒ素を含んでいれば、利用停止を促すと同時に代替水源を造った。代替水源は集落に1基が目安。(11年4月7日、JICAトピックスから